> > 九州大に海洋エネルギー資源開発の新部門 洋上風力、メタンハイドレートなどの研究強化

九州大に海洋エネルギー資源開発の新部門 洋上風力、メタンハイドレートなどの研究強化

記事を保存

九州大学と日本海事協会は、4日1日付で「海洋エネルギー資源共同研究部門」を同学工学研究院に設置した。同共同研究部門では、主に「海洋再生可能エネルギー利用のための基盤技術の開発」「深海底エネルギー資源開発のための基盤技術の開発」を行い、海洋エネルギー資源開発のための基盤技術に関する研究を強力に推進していく。

平成28年3月31日までは、「海洋エネルギー資源開発のための基盤技術に関する研究」として、「浮体式洋上風力発電等の浮体式海洋再生可能エネルギー発電の実現に向けた諸課題の解決」「洋上メタンハイドレート生産プラットフォームの設計・設置・運用に関わる技術課題の調査・研究」の課題を行う予定。

海洋エネルギー資源開発を進めるためには、海洋開発に関する豊富な知見・経験と学術的基盤の両立が不可欠となる。このため、国内唯一の国際船級協会であり、船舶及び海洋構造物に関する技術サービスにおいても豊富な実績を有する日本海事協会と、日本有数の船舶・海洋工学に関する研究拠点を有する九州大が組織対応型連携協契約締結の上、「海洋エネルギー資源共同研究部門」を設置することになった。

日本周辺の洋上には、様々な未利用の海洋エネルギー資源があり、特に洋上風力エネルギーのポテンシャルは膨大ともいわれている。また、周辺の海底下には、メタンを主成分とする化石燃料「メタンハイドレート」などの未利用のエネルギー資源が眠っているが、その開発も始まったばかり。エネルギー資源の大半を海外に頼るわが国にとって、これら海洋エネルギー資源の開発を進めることは、エネルギー自給率の向上に資するだけでなく、世界における海洋開発マーケットへの参入を果たす上でも、極めて重要な意義を持っている。

【参考】
九州大学 - 九州大学と日本海事協会が「海洋エネルギー資源共同研究部門」を設置

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.