> > 福岡市など、下水汚泥からの水素で燃料電池車を走らせる実験開始

福岡市など、下水汚泥からの水素で燃料電池車を走らせる実験開始

 印刷 記事を保存

福岡市は、三菱化工機、豊田通商、九州大学は共同で、下水汚泥の過程で発生するバイオガスから水素を製造する一連の設備を建設し、燃料電池自動車に水素を充填する水素ステーションの技術実証を行うと発表した。

福岡市によると、下水バイオガス原料による水素創エネ技術の実証は世界初のプロジェクト。

実証事業の名称は「水素リーダー都市プロジェクト ~下水バイオガス原料による水素創エネ技術の実証~」。国土交通省の平成26年度「下水道革新的技術実証事業(通称B-DASHプロジェクト)」に採用されて実施する。事業期間は契約締結日の翌日~平成27年3月31日まで。

(※全文:744文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.