水中のセシウムを素早く計測できる新技術 6時間が8分に短縮

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

日本バイリーンと産業技術総合研究所は、7日、東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響が懸念される福島県内の河川などで、効率的に水中の放射性セシウムを計測できるモニタリングシステムの開発に成功したと発表した。

本システムでは、環境水中のセシウム濃度を測定する際に必要な前処理を6時間から8分に大幅短縮することができる。多地点での継続的なモニタリングなど長期的な環境への影響評価に大きく貢献することが期待される。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

イベント情報