> > ZEエナジー、小型木質バイオマス発電装置を公開 採算性で事業化可能に

ZEエナジー、小型木質バイオマス発電装置を公開 採算性で事業化可能に

 印刷 記事を保存

バイオマス発電事業を手がけるZEエナジー(東京都港区)は、7日、林野庁補助事業において、安定的な発電を確認した同社開発のコンパクトタイプの木質バイオマス発電装置のデモ機を、富山県小矢部市にて、2014年5月中旬より公開すると発表した。

本発電装置は、製材工場の残材や住宅解体材、森林由来の間伐材など地域の未利用資源を利用して発電を行う国内製の小型タイプの木質バイオマス発電装置。同社は特許技術を搭載した本装置を「コンパクトバイオマス」と名付けている。

コンパクトな設備規模により、民間企業や地方自治体などでも比較的簡単に導入可能であり、地球温暖化や廃棄物の問題への対応として環境面で優れている。

(※全文:304文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.