> > 三菱電機、「温室効果ガス観測技術衛星2号」の開発スタート PM2.5の監視も

三菱電機、「温室効果ガス観測技術衛星2号」の開発スタート PM2.5の監視も

記事を保存
三菱電機、「温室効果ガス観測技術衛星2号」の開発スタート PM2.5の監視も

三菱電機は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から契約者に選定されていた「温室効果ガス観測技術衛星2号(GOSAT-2)」の本格的な開発・製造に着手した。

「GOSAT-2」は、二酸化炭素・メタンなど温室効果ガス濃度分布の観測をミッションとし、高性能な観測センサーにより、温室効果ガスの濃度分布測定精度向上に貢献することと、観測対象に一酸化炭素を追加し、PM2.5などの監視にも活用できること等が特長。

同社は、2017年度予定の打ち上げに向けて、高精度化する温室効果ガス観測センサーと雲・エアロソルセンサーの2つの観測センサーを搭載した衛星システムにより、日本政府が推進している「攻めの地球温暖化外交戦略」へ貢献したい考えだ。

「GOSAT-2」の特長は以下の通り。

【1】高性能な観測センサーにより、温室効果ガスの濃度分布測定精度向上に貢献

  1. 世界の温室効果ガス計測の基準となる実用測定精度の確立を目指し、観測センサーの高性能化を実現(CO2測定精度を「いぶき」の4ppmから0.5ppmに向上)
  2. 有効データが取得できない雲を避け、自律して雲の無い領域を指向・観測するインテリジェントポインティング機能を新たに搭載し、飛躍的な有効観測データ数の向上に貢献

【2】観測対象に一酸化炭素を追加、さらにPM2.5などの監視にも活用

  1. 温室効果ガス観測センサーに新たな観測波長域を追加したことにより、「いぶき」の観測対象(二酸化炭素・メタン・酸素・水蒸気)に加えて、一酸化炭素を観測
  2. 雲・エアロソルセンサーへの観測波長域追加により、微小粒子状物質(ブラックカーボン、PM2.5等)を推計し、大気汚染監視に貢献

【3】トータルシステムの提供により、データ品質向上に貢献

  1. 衛星システム・観測センサーの開発・製造のほかに、衛星データの処理等を含めた地上設備の構築、打ち上げ後の衛星の管制運用もトータルで担当
  2. トータル観測システムとしてデータ品質の維持・向上に貢献

「GOSAT-2」及び前号機である世界初の温室効果ガス観測専用の衛星「いぶき」(GOSAT/2009年1月打ち上げ)は、1997年の第3回気候変動枠組条約締約会議(COP3)以降の先進国などでの温室効果ガス削減の取り組みに対する貢献を目指して、環境省・国立環境研究所・JAXAが共同で開発している。

「いぶき」からの観測データはインターネットで世界中へ公開されており、衛星による高頻度でグローバルな観測データの有用性は世界で認識されているが、さらなる濃度分布測定の高精度化が求められている。

なお、「GOSAT-2」は、2013年のCOP19にて日本政府が発表した「攻めの地球温暖化外交戦略」において、日本が誇る低炭素技術の世界へのアプリケーションの一つとして取り上げられている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.