> > 東北電力グループ、省エネコンサルなどの新会社「Eライフ・パートナーズ」設立

東北電力グループ、省エネコンサルなどの新会社「Eライフ・パートナーズ」設立

記事を保存

東北電力企業グループは4月1日、「株式会社Eライフ・パートナーズ」を設立し、事業活動を開始した。同社はエネルギー利用効率向上をめざし、省エネルギーコンサルティングやヒートポンプ機器等を活用したソリューション提案を中心とした事業を行う。

また、家庭用電気器具類の販売等を行う「株式会社オフィスライフサービス」を吸収合併。Eライフ・パートナーズが有する省エネルギー等の提案力とオフィスライフサービスが有していた販売網を組み合わせながら、事業活動に取り組む。

Eライフ・パートナーズは(1)生活・人生「LIFE」、(2)需要・欲求「NEEDS」、(3)環境「ENVIRONMENT」の3つのEをコンセプトに、地域に適したライフプランニングを提案していく。

具体的な事業内容としては、地域の住宅環境や住宅需要の情報を集め今後の地域開発に反映していく「ライフマーケティング事業」、一人ひとりに適した形で今後の人生のためのプランを提案する「ライフプランニング事業」、不動産事業として法人やマンション・戸建などの「仲介事業」、老朽化した住まいを補修し新たなスタイルを持った空間を作り出す「リノベーション事業」を行う。

株主構成は、東日本興業株式会社が100%出資。資本金3,100万円、従業員は162名。取締役社長には伊藤洋二氏が就任した。なお、東北電力の子会社でオール電化を中心に営業開発事業を展開していた株式会社エルクは、3月末をもって解散した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.