> > HIT太陽電池、セル変換効率25.6%で世界記録更新

HIT太陽電池、セル変換効率25.6%で世界記録更新

記事を保存
HIT太陽電池、セル変換効率25.6%で世界記録更新

パナソニックは、10日、同社独自のHIT太陽電池で、実用サイズの結晶シリコン系太陽電池セルとして、世界最高を大幅に上まわる変換効率25.6%を達成したと発表した。

実用サイズ(100平方センチメートル以上)のシリコン系太陽電池の変換効率の過去最高値は、同社が2013年2月に発表した24.7%(セル面積:101.8平方センチメートル)だった。今回、セル面積143.7平方センチメートルで、この記録を0.9ポイントも更新し、実用サイズにおいて同社は初めて25%の壁を突破することに成功した。

また、小面積も含めたシリコン系太陽電池の変換効率の過去最高値は、1999年3月にオーストラリアのニューサウスウェールズ大学が記録した25%(セル面積:4平方センチメートル)だったが、この過去最高値も0.6ポイント上回った。

HIT太陽電池の特徴は、発電層である単結晶シリコン基板表面に高品質のアモルファスシリコン層を積層することにより、光により発生した電気の素であるキャリア(電荷)の再結合損失を低減できることにある。

今回の成果は、HIT太陽電池に必要な接合形成を行う技術(ヘテロ接合技術)を進化させたことに加え、電極を裏面側に配置し太陽光をより有効活用できるバックコンタクト型を採用することで実現した。バックコンタクト型とすることでより効率よく太陽光を基板に導くことが可能となった。また、電流がグリッド電極中を流れる際の抵抗損失を低減させるとともに、アモルファスシリコン層における抵抗損失等も改善することに成功した。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.