> > 藻からできた100%バイオ燃料でショベルカーが500時間稼働

藻からできた100%バイオ燃料でショベルカーが500時間稼働

 印刷 記事を保存

日立建機は、11日、藻類からできたバイオ燃料を100%の濃度で使用して、ハイブリッド油圧ショベルの稼働試験を実施し、世界で初めて500時間稼働を達成したと発表した。

本試験で用いたのは、バイオ燃料の中でも化石燃料の代替として近年非常に注目されている「微細藻類から製造されたバイオ燃料」。微細藻類とは、淡水や海水だけでなく、陸上にも普遍的に生育する微小な植物プランクトンで、パームヤシやトウモロコシなどの油糧植物を大幅に上回る効率で油を生産することができる。

(※全文:1,084文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.