> > 東芝とGE、北海道電力の最新コンバインドサイクル発電システムを受注

東芝とGE、北海道電力の最新コンバインドサイクル発電システムを受注

記事を保存

東芝は、北海道電力から、石狩湾新港発電所の1号機LNG(液化天然ガス)火力発電設備向けに、米国ゼネラル・エレクトリック社(GE)の新型ガスタービン9HAと東芝製最新鋭蒸気タービン・発電機を組み合わせた「ガスタービンコンバインドサイクル発電システム(GTCC)」を主契約者として受注した。

受注したのは、世界最高のプラント熱効率62%(低位発熱量ベース)を実現したGTCC。計画出力は569.4MWで、工事開始は2015年10月を予定。今回、東芝とGEがこれまで協力して進めてきた販売活動のなかで、システムの効率性に加え、機器の信頼性、技術力、サービス体制などが総合的に評価され受注に至った。両社は同発電システムの提供を通じて、将来的な電力の安定供給に向け、燃料の多様化によるバランスの取れた電源構成の構築に寄与したい考えだ。

東芝とGEは、1982年からGTCCに関して協力関係にあり、1996年にはサービス分野で合弁会社「東芝・ジーイータービンサービス」を設立し、ガスタービン高温部品の国内でのメンテナンス体制を確立するなど、協力関係を構築してきた。2011年からは、50Hzおよび60Hzの地域に向けて、世界最高レベルの高効率なシステムについて、グローバルでの販売協力体制を構築し、本格的な商業販売を進めてきた。

また、昨年10月には、さらなる関係強化に向け、GTCCの共同企画やマーケティングをはじめ、機器の信頼性や品質向上、次世代のGTCCの開発に向けた戦略的提携関係を構築することで合意した。

東芝とGEは、この戦略的提携契約の締結後における初の案件となる今回の受注を契機に、今後も協力関係を維持・強化し、さらに高効率でNOXやCO2の排出が少なく環境負荷の低いGTCCをグローバルに提案していくことで、火力発電事業の拡大を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.