> > 震災のコンクリートがれき、リサイクルされ土木用建材に コストも約半分

震災のコンクリートがれき、リサイクルされ土木用建材に コストも約半分

 印刷 記事を保存

大成建設は、東日本大震災で発生したコンクリートがれきの有効活用技術を開発し、宮城県の気仙沼処理区災害廃棄物処理業務にて実施適用された。

本技術は、通常のコンクリート材料である天然の砂や砂利(骨材)の代わりに、震災によって発生した津波堆積物を含んだコンクリートがれきを、簡便な方法で建設資材のセメント固化体として資源化するものだ。

従来の再生骨材を利用した場合に比べ、コンクリートがれきの処理と再生利用に要したコストは2/3~1/2程度、時間は1/2~3/1程度となる。

(※全文:1,006文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.