富士山静岡空港のメガソーラー 防眩仕様の太陽光発電パネル6,300枚

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

TOKAI(静岡県)は、静岡県島田市の富士山静岡空港事業用地(面積19,630平方メートル)において、「TOKAI富士山静岡空港太陽光発電所(仮称)」の建設を開始した。

同発電所では、ガラス面の表面に特殊加工を施した、京セラ製の防眩仕様の太陽光発電パネルを6,300枚設置した。出力は1,525kW、年間発電量は約164万kWh(一般家庭約330世帯の年間電力消費量に相当)、CO2削減量は約1,060トン(杉の木7万5,700本に相当)。連系開始は2014年12月1日の予定。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報