> > ビルのデマンドレスポンス実証実験、最大33.2%の電力ピークカットを達成

ビルのデマンドレスポンス実証実験、最大33.2%の電力ピークカットを達成

記事を保存
ビルのデマンドレスポンス実証実験、最大33.2%の電力ピークカットを達成

大成建設は、25日、国内広域大都市型デマンドレスポンス実証において、先端技術と次世代ビルエネルギーマネジメントシステム(スマートBEMS)を活用することにより最大33.2%の電力のピークカットを実現したと発表した。電力のピークカット20%の削減目標を大幅に上回った。

同社は技術センター(横浜市戸塚区)において、経済産業省「次世代エネルギー・社会システム実証地域」として横浜市が推進する「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)」の業務・商業ビル部門でのデマンドレスポンス(DR)実証に参加している。

YSCPビル部門で実施された冬季(2013年1月)および夏季(2013年7月~9月)のDR実証に対して、同社は再生可能エネルギーを有効利用しながら、熱と電力の両方で創エネ、蓄エネを行うスマート蓄熱・蓄電システムと全体システムを最適に制御・運用するスマートBEMS活用により、DRにおける最高レベルのエネルギーマネージメント技術を確立。その結果、電力ピークカット率が冬季で平均22.9%・最大24.1%、夏季で平均28.7%・最大33.2%という高い実証結果を得た。

YSCPビル部門での2013年のDR実証では、削減要請に対しての電力削減量に比例してインセンティブ(報奨金)が付与される方式で実施されたが、2014年1月からはオークション形式を用いた「市場型入札方式」によるDR実証を進めており、同社も更なる計画・運用技術を構築するため参画している。

「市場型入札方式」によるDRは、各需要家への削減電力割り当て量およびインセンティブ単価をオークション方式で決めるDR方式。需要家が削減可能な電力量と約定単価で落札し、さらに、入札時に提示した削減電力量を達成した場合にインセンティブが支払われるもの。

同社は、本実証を通して得た知見を、今後、ビル単位や街区レベルでの省エネやBCP対応はもとより、DRに適したスマート化対応技術の確立にも役立てることで、快適な空間創造とエネルギー最適利用を両立させるスマートシティの構築に貢献していく考えだ。

「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)」は、横浜市が民間企業と共同で取り組んでいる事業。大成建設では、「つくる」「ためる」「つかう」「かんがえる」をコンセプトに、技術センター(横浜市戸塚区)に最先端設備を導入、システムを構築することで、快適性と最適なエネルギー利用の両立を目指している。なお、本実証事業は、東芝との共同で実施している。横浜市をはじめ国内4都市で実施されている「次世代エネルギー・社会システム実証事業」のDR実証においては、大成建設は業界唯一の参画企業として取り組んだ。

なお、スマートBEMSは、ビルの照明・空調等の電力や熱等のエネルギーを総合的に管理するBEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)に、予測機能や最適化制御機能を持たせたシステムをいう。また、デマンドレスポンス(DR)は、電力需給の逼迫が予想される場合に、電力使用抑制の協力依頼を受けて需要家側で電力の需要を調整する仕組みをいう。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.