> > 大阪府初の「低炭素住宅」分譲マンション 水道光熱費を17~19万円節約

大阪府初の「低炭素住宅」分譲マンション 水道光熱費を17~19万円節約

 印刷 記事を保存

関電不動産(大阪府)は、省エネ・空気環境・防災等を徹底追求した独自の生活スタイル「e-lism(イー・リズム)」をバージョンアップさせた新「e-lism」について、今秋販売開始予定の物件「エルグレース南森町」(大阪市北区)より提供を開始すると発表した。

新「e-lism」は、100戸未満の分譲マンションでは、大阪府初の「低炭素住宅」認定物件となる予定で、CO2と水道光熱費を年間最大約17~19万円軽減できるのに加えて、一部ローン金利優遇などのメリットが受けられる。また、HEMS・全回路見える化対応の分電盤、デマンドレスポンス対応、節水対策、LED化など先進の省エネ性能を追求。さらに、PM2.5対応高性能エアコンを搭載するなどの空気環境対策を強化、全戸個別防災備蓄庫を設置するなどのバージョンアップも行っている。

(※全文:540文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.