> > 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する技術に出資

伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する技術に出資

記事を保存

伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、米国Solena Fuels Corporationに出資したと発表した。

従来のガス液化技術に独自の高温プラズマガス化技術を組み合せた、Solena社のIBGTLソリューションは、都市ごみ、農業残渣、森林残渣等のバイオマスを原料に高品質なバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造することが可能。この方法で製造されるバイオ航空燃料は国際的航空燃料基準で認証されており、機体、ジェットエンジン、既存インフラ設備、現在の航空燃料流通システムの改修、変更等の特別な措置なしにそのまま利用できる。

Solena社は、現在、英国航空をパートナーにロンドン近郊で都市ごみからバイオ航空燃料、無硫黄バイオディーゼル燃料、バイオナフサ等の液体燃料を年間約10万トン製造する「GreenSky London」プロジェクトを推進中で、この第1号商業化施設を2017年に操業を開始する予定。

伊藤忠商事は、このように日本を含む世界各国での事業展開を目指すSolena社のビジネス開発を支援し、グローバルな地球温暖化ガス排出削減に貢献したい考えだ。

航空分野の現在の温暖化ガス排出量は世界全体の排出量の約2%だが、世界的な航空需要の高まりを背景に、今後年率3~4%の割合で排出量が増加すると予想されている。そのため国連専門機関ICAO(国際民間航空機関)は、燃料効率を2020年まで年率1.5%の割合で改善し、2020年以降は温暖化ガス排出を増加させないこと、2050年までに2005年比50%削減することを決議し、世界240の航空会社が加盟するIATA(国際航空運送協会)が会員航空会社とこの削減目標達成に向け取り組んでいる。この目標達成にはバイオ航空燃料の積極的な導入が不可欠なことから、世界各国の航空会社が積極的にバイオ航空燃料に取り組んでいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.