> > 山地ユナイテッド、北海道小樽市の自社遊休地に積雪を考慮したメガソーラー

山地ユナイテッド、北海道小樽市の自社遊休地に積雪を考慮したメガソーラー

記事を保存
山地ユナイテッド、北海道小樽市の自社遊休地に積雪を考慮したメガソーラー

山地ユナイテッド(札幌市)は、自社遊休地の活性化と地域貢献を目的に、同社が実施主体となって運営する「ヤマチユナイテッドソーラー 第一発電所(仮)」の起工式を5月9日に行い、工事を開始する。

同発電所は、小樽市銭函にある自社所有地約7,000坪の事業用地に設置。発電出力は約1.04MW。想定年間発電量は約150万kWh(一般家庭の約400世帯の年間使用電力量に相当)。発電した電力は全て北海道電力へ売電する予定。運転開始は今年11月。

「ヤマチユナイテッドソーラー 第一発電所(仮)」の特長は以下の通り。

  1. Qセルズ製「ガリウムヒ素系 単結晶太陽光パネル」をメガソーラーに北海道内で初採用
  2. 多雪地域に対応するため、架台の高さ・間隔、パネルの角度を調整
  3. 小容量(10kW)パワーコンディショナーの分散設置でリスクを低減。万が一の故障時なども発電ロスを最小限に抑え、安定した運用が可能

今回の事業において、山地ユナイテッドは、事業計画の策定から、ファイナンス、工事管理、地域貢献策の検討に至るまで、開発プロセス全般を主導する。なお、同社は、貿易、建築資材商社、注文住宅建築、住宅フランチャイズ本部等50以上の事業を展開しており、多角的な視点を活かし、メガソーラー事業のノウハウをもとに一般住宅産業へ活用するプロジェクトにも着手している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.