> > 中東・アフリカ地域の太陽光発電設備の年間導入量 2018年には約3倍か

中東・アフリカ地域の太陽光発電設備の年間導入量 2018年には約3倍か

 印刷 記事を保存

太陽光発電産業の専門調査・分析・コンサルティングサービスを行うNPD Solarbuzzの調査によると、MEA(中東・アフリカ)地域のPV需要が2014年、前年比50%増に成長すると見られている。NPD Solarbuzz は、最新刊Emerging PV Markets Report: Middle East and Africa内でMEA(中東・アフリカ)地域の年間PV需要が2014年から2018年にかけてほぼ三倍に拡大する見通しであることを明らかにした。

MEA地域の2013年PV需要は、140MWだった2012年から670%の成長を記録。同地域ではこれまで小規模なオフグリッドシステム(電線を伝って電力会社から送られる電力網と繋がっていない電力システム)の比率が高かったが、2013年にはオングリッド市場が成長要因となり同年需要を1GW超へと引き上げた。2014年には1.6GWの需要が見込まれている。 

(※全文:1,302文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.