> > 富山県 宇奈月温泉で小水力発電 防火用水の水路で2.2kW

富山県 宇奈月温泉で小水力発電 防火用水の水路で2.2kW

記事を保存
富山県 宇奈月温泉で小水力発電 防火用水の水路で2.2kW

でんき宇奈月プロジェクト(黒部市)は、5月2日、宇奈月谷小水力発電所(愛称:でんきウォー太郎1号)の起動式を開催した。

同施設で発電された電力は温泉街を走行する電気バスの「エミュー」や、LED照明などに供給される予定だ。

画像の名前

発電設備の構造

同発電設備は、宇奈月公民館の敷地内に設置され、黒部川水系の宇奈月谷川から取水する防火用水の流水を用いる。衝動水車により、落差9.2メートルの圧力で水路式(流れ込み式)発電を行ない、毎秒40リットルの水で2.2kWの電力を生む。年間発電量は15,032kWhを見込む。同プロジェクトでは、これに続き2号機、3号機の小水力発電設置も計画している。

2009年より発足した同プロジェクトは、2013年より法人化され、一般社団法人として、宇奈月温泉街をエコ温泉リゾートとしての小規模分散型社会を構築する目的で活動している。

画像の名前

【参考】
でんき宇奈月プロジェクト - 宇奈月谷小水力発電所起動式

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.