> > CO2を削減する設備投資の融資利息を助成 事業者は採択金融機関を要チェック

CO2を削減する設備投資の融資利息を助成 事業者は採択金融機関を要チェック

記事を保存

環境省は、事業者が3年間で3%(又は5年間で5%)以上のCO2削減の誓約をした場合の地球温暖化対策のための設備投資に係る、金融機関の融資に対して、その利息の一部を助成する事業を実施する。本事業の実施に当たり、基金設置法人である公益財団法人日本環境協会において、本事業に参加する金融機関の公募を開始した。

採択された金融機関は順次、同協会のHPにて掲載される。本事業に係る融資を受けることを希望する事業者は、参加金融機関へ連絡するよう、呼び掛けている。

平成26年度環境金融拡大利子補給事業費補助金において、地球温暖化対策等の環境対策に積極的に取り組む企業を支援するため、「環境配慮型融資促進利子補給基金」が設置された。本基金によって、金融機関が行う環境配慮型融資のうち地球温暖化対策のための設備投資に係る融資に対し、その利息の一部を利子補給することにより助成する「環境配慮型融資促進利子補給金交付事業」を実施する。

公募の概要は以下の通り。

公募期間

5月8日(木)~11月28日(金)17時必着

公募の対象となる金融機関

環境配慮型融資を実施する金融機関
※環境配慮型融資とは、金融機関が融資を受けようとする者の環境配慮の取り組みを複数の項目により審査・評価し、その評価結果によって金利を変動する融資制度をいう。

融資の対象となる事業

事業者が3年間で3%(又は5年間で5%)以上の二酸化炭素排出削減(排出量又は原単位)の誓約をした場合の、地球温暖化対策に係る設備投資。

応募に必要な要件、書類等

公益財団法人日本環境協会が定める公募要領等を参照のこと。

【参考】

公益財団法人日本環境協会 - 環境配慮型融資促進利子補給金交付事業に係る指定金融機関の公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.