> > 和歌山県、ダイオキシン汚染地で太陽光発電 負の遺産が防災拠点に

和歌山県、ダイオキシン汚染地で太陽光発電 負の遺産が防災拠点に

 印刷 記事を保存

地域住民の懸案事項となっていたダイオキシンに汚染された土地が、太陽光発電所として生まれ変わる。和歌山県は、2日、ダイオキシン類汚染の無害化処理対策を講じた産業廃棄物処分場跡地(橋本市)において、建設が進められていた国際航業の太陽光発電所「和歌山・橋本ソーラーウェイ」が完成し、5月12日に竣工式を行うと発表した。

本発電所の出力は714kWで、年間発電量は一般家庭の約200世帯分、CO2削減量は年間428tを見込む。

この処分場跡地では、約20年前、産廃業者が焼却炉を使わず野焼き等により不法に廃棄物を処理していたため、土壌がダイオキシンにより汚染されてしまった。地元住民の陳情などにより、結局、和歌山県が汚染された土壌をコンクリートで封入するなどの対策を講じた。

(※全文:840文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.