> > エコ版ベルマーク、「どんぐりポイント」を付けたい製品の募集が開始

エコ版ベルマーク、「どんぐりポイント」を付けたい製品の募集が開始

記事を保存
エコ版ベルマーク、「どんぐりポイント」を付けたい製品の募集が開始

経済産業省は、平成26年度の「CFPオフセット制度」と「どんぐりポイント制度」の参加事業者の募集を開始した。

「どんぐりポイント制度」では、自社の製品やサービスについて 「見える化」または「オフセット」を行った製品・サービスに 、CO2を削減した環境に優しい製品・サービスであることを示す「どんぐりマーク」、またはコミュニティに環境に優しい商品やサービスが還元される「どんぐりポイント」をつけて販売する協賛事業者を募集している。公募期間は2015年2月27日まで。

「CFPオフセット制度」では、参加事業者を募集している。参加登録は2015年1月30日まで。事業申請は2015年2月27日まで。なお、2013年度まではライフサイクルでの排出量のすべてをオフセットすることとしていたが、事業者の負担を軽減し、消費者のCO2排出量の削減行動を喚起する観点から、2014年度より事業者の責任が及ぶ範囲に限定した形でCO2排出量をオフセットする「部分オフセット」の認証が可能となった。また、オフセット可能なクレジットとして「グリーン電力・熱証書」をベースとした「グリーンエネルギーCO2削減相当量 」が追加された。

また、「どんぐりポイント制度」では、ポイントに応じて製品やサービスの提供を行う交換商品提供事業者、環境に優しい社会の構築を推進するコミュニティ、どんぐりポイントを原資に環境活動を行う寄付団体、ポイントの収集を支援するサポーター、地域循環モデル事業コーディネーターも募集している。公募期間は、地域循環モデル事業コーディネーターのみ2014年5月30日まで、その他は2015年2月27日まで。

なお、「CFPオフセット制度」は、事業者が製品やサービスのライフサイクル全体で排出された温室効果ガス排出量を算定し、主体的に排出量の削減努力を行うとともに、削減が困難な部分の排出量について、クレジットによりオフセット(相殺)を行い、CFPオフセットの認証を受けた製品・サービスに「どんぐりマーク」を貼付する事業。

「どんぐりポイント制度」は、CFPオフセットの認証を受けた製品やサービス(どんぐりマーク製品)の流通を促進し、ポイントが付与された「どんぐりポイントラベル」の集票や消費者コミュニティへの還元を通じて、どんぐりマーク製品に対する消費者の購買行動を喚起し、CFPオフセット製品やサービスの普及拡大や省エネルギー・低炭素化などの取り組みを促進することを目的とした制度。

経産省は、カーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット製品等の普及促進とともに、地球温暖化防止や対策を中心に、さまざまな環境活動を支援するために創設された環境ラベル「どんぐりん」の認証事業「どんぐり事業」を実施している。

【参考】
経済産業省 - どんぐり事業の参加事業者の募集を開始します!

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.