> > 各種再エネや最新空調システムなど 立命館大学、理工系の新棟で実験

各種再エネや最新空調システムなど 立命館大学、理工系の新棟で実験

 印刷 記事を保存

再生可能エネルギーや省エネの新技術を採り入れた、立命館大学の理工系の新棟「トリシア」が完成し、5月14日に竣工式と内覧会が実施された。同新棟は、同大学のびわこ・くさつキャンパス(BKC)に建設され、理工学部の環境都市系3学科(都市システム工学科、環境システム工学科、建築都市デザイン学科)の学生が主に利用することとなる。

同新棟は、建物は鉄筋コンクリート造で、6階建てのⅠ棟と3階建てのⅡ棟から成る。建物自体を教材にするという構想のもと建てられ、さらに環境配慮技術のショールームとしての役割も担う。関連企業と協力し、環境に寄与する新技術や設備、建材などが導入され、建物のいたるところで常に環境実験が行われている。

同大学は、注目すべき点として下記のポイントを挙げている。

(※全文:780文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.