> > 最大34%省エネの輻射式冷暖房システム ハウステンボスで効果を実証

最大34%省エネの輻射式冷暖房システム ハウステンボスで効果を実証

記事を保存
最大34%省エネの輻射式冷暖房システム ハウステンボスで効果を実証

ハウステンボス・技術センター(長崎県)は、輻射式冷暖房と対流式高性能エアコンを融合させたハイブリッド型空調システム「ecowin HYBRID」の販売を6月1日より開始する。

同システムは、輻射冷暖房技術を応用し、冷凍サイクルを向上させた超高効率運転により、輻射式の快適性と省エネ性を両立したのが特長。国内最新型ハイスペックエアコンと比べても最大34%の省エネを実現した。ホテル・マンション、病院・介護施設、幼稚園等に導入を働きかけ、年間100件の販売を目指す。

輻射式冷暖房システムは、冷温水を熱源とし、発熱体エレメントに冷温水を循環させて360度全方向に遠赤外線放射(暖房)吸熱作用(冷房)の輻射熱移動の原理を応用し、無風無音で冷暖房するもの。

技術センターは、昨年、東京大学と連携して、ハウステンボス内に様々な実験や検証を行う「スマートハウス」を建設。そこに新たに設計、製作した輻射式冷暖房システムを試験導入し、快適な空調性能や従来型空調機と異なる優れた効果を確認した。一方で、輻射式冷暖房システムを先行して製品化、特許を取得していたエコファクトリー(熊本県)と販売提携交渉を進め、今回、同システムの販売提携契約を締結し、「ecowin HYBRID」の販売に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.