> > 積水化学、新型の水処理膜を発売 新素材の塩ビ系樹脂使用

積水化学、新型の水処理膜を発売 新素材の塩ビ系樹脂使用

 印刷 記事を保存

積水化学工業の環境・ライフラインカンパニーは、上下水処理や産業用排水処理向けの水処理膜を開発し、水処理膜モジュール及びユニット「FILTUBE®(フィルチューブ)」として発売を開始した。

同製品は、従来の中空糸よりも大きな開口部(内径4mm)を持ち、親水性を有する同社開発の新素材(塩ビ系樹脂)で構成され、ろ過による膜汚れが少なく、高い透水性能を実現しているのが特長。また、コンパクトなモジュールに収納され、槽外型のユニットとすることで、新設だけでなく既存施設の機能強化や更新に柔軟にも対応している。

「FILTUBE®」の特長は以下の通り。

(※全文:977文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.