> > スケール除去で省エネ・節水 ボイラ水処理向けポリマー素材に新製品

スケール除去で省エネ・節水 ボイラ水処理向けポリマー素材に新製品

記事を保存

栗田工業(東京都)は、ボイラ水処理において従来のスケール分散効果に加え、除去効果を併せ持つ多機能ポリマー素材「ドリームポリマー™」を開発した。

同素材は、ボイラ内のスケール(硬度成分やシリカなどの成分が分離して出てくるもの)を良好に分散させ付着を防止するだけでなく、新たな機能によりスケールが付着した場合でも素早く、効果的に除去することが可能。これによりボイラの伝熱面を常に清浄な状態に維持し、高効率ボイラの性能維持や安定運転ができるようになり、省エネルギーを実現する。

同社は、同素材を用いた水処理薬品をラインアップし、市場投入を進めることで、ボイラ水処理市場での事業展開を強化していきたい考えだ。

「ドリームポリマー™」のその他の特長としては、鉄に対する腐食性も極めて低いため、従来のスケール除去剤を使用する場合に不可欠だった腐食を回避するための特別な水質モニタリングが不要で、通常の運転条件のまま、一剤で安定した処理効果を発揮する。さらに、ボイラ水のブロー量削減による節水にも寄与する。

小型貫流ボイラなどのボイラ設備の燃費性能向上に伴い、水処理の重要性が一段と高まっている。特にボイラに付着するスケールは、熱交換を阻害するとともに設備での様々な障害の原因となるため、その付着を防止して熱効率や設備の耐久性を維持する水処理薬品が欠かせない。しかし、分散効果のみを有する従来の薬品素材では、ボイラ缶内の硬度成分が薬品の処理能力を超えた場合はスケールとなり、発生したスケールを別途除去処理する必要があった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.