> > スケール除去で省エネ・節水 ボイラ水処理向けポリマー素材に新製品

スケール除去で省エネ・節水 ボイラ水処理向けポリマー素材に新製品

 印刷 記事を保存

栗田工業(東京都)は、ボイラ水処理において従来のスケール分散効果に加え、除去効果を併せ持つ多機能ポリマー素材「ドリームポリマー™」を開発した。

同素材は、ボイラ内のスケール(硬度成分やシリカなどの成分が分離して出てくるもの)を良好に分散させ付着を防止するだけでなく、新たな機能によりスケールが付着した場合でも素早く、効果的に除去することが可能。これによりボイラの伝熱面を常に清浄な状態に維持し、高効率ボイラの性能維持や安定運転ができるようになり、省エネルギーを実現する。

(※全文:650文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.