> > 気象庁のCO2濃度調査 海上・上空でも400ppmを突破

気象庁のCO2濃度調査 海上・上空でも400ppmを突破

気象庁は、日本を含む北西太平洋域の二酸化炭素(CO2)濃度の状況を公表した。これによると、大気中のCO2濃度は増加を続けており、2013年の年平均値、2014年4月の月平均値ともに、過去最高を更新した。

また、2014年冬季に日本南方海上で、2014年4月には日本の南東上空6km付近で、それぞれ初めて400ppmを超えた。「陸上」「海上」「上空」それぞれのCO2濃度の状況は以下の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.