> > サニックス、シロアリ駆除より太陽光発電に注力 電力小売りにも参入

サニックス、シロアリ駆除より太陽光発電に注力 電力小売りにも参入

 印刷 記事を保存

サニックス(福岡県福岡市)は、産業用太陽光発電やプラスチック燃料を活用した資源循環型発電などの関連事業を拡大し、エネルギー企業へのシフトを加速する。2016年の電力小売り自由化を視野に、電力小売り・卸売事業へも参入する計画だ。

一方で、創業以来の主たる事業であるシロアリ防除など一般家庭・事業者向けの環境衛生管理事業は、既存顧客に対するメンテナンスを主たる業務とする。

同社は、これらの事業戦略を柱とする新・中期経営計画「サンシャインプラン2016」を策定した。本計画は2014~2016年度を計画対象期間としている。

(※全文:1,226文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.