> > 「グリーン購入法」の調達品目追加・基準の見直しについて提案募集

「グリーン購入法」の調達品目追加・基準の見直しについて提案募集

記事を保存

環境省などは、「グリーン購入法」の調達品目追加・基準の見直しに関する提案受付を開始した。

グリーン購入法は、国などの公的機関が率先して環境物品等(環境負荷低減に資する製品・サービス)を調達するとともに、環境物品等に関する適切な情報提供を促進することにより、需要の転換を図り、持続的発展が可能な社会の構築を推進することを目指す法律。今回提案を募集するのは、「公共工事」「物品・役務」についての技術開発、科学的知見の充実等による現行の判断の基準の強化、見直し等。提案者は6月27日までに環境省に提案資料を提出すること。

なお、公共工事に関しては、昨年度の提案で反映されなかったもののうち、さらに検討を進める28提案が「継続検討品目群(ロングリスト)」として公表されている。

同時に「グリーン契約法」の基本方針に関しても提案の募集を開始した。グリーン契約法は、国等の公共機関が契約を結ぶ際に、環境性能を含めて総合的に評価し、もっとも優れた製品やサービス等を提供する者と契約する仕組みを作り、環境配慮型の経済・社会の構築を目指す法律。

今回提案を募集するのは、基本方針で規定されている6つの契約類型「電力購入」「自動車の購入及び賃貸借」「船舶の調達」「省エネルギー改修(ESCO)事業」「建築設計」「産業廃棄物」についての基本事項の修正と、6類型以外の契約類型の追加等。提案者は6月27日までに環境省に提案資料を提出すること。

【参考】
経済産業省 - グリーン購入法の特定調達品目に関する提案募集を行います(公共工事)
経済産業省 - グリーン購入法の特定調達品目に関する提案募集を行います(物品・役務)
経済産業省 - グリーン購入法に係る公共工事の継続検討品目群(ロングリスト)をまとめました
環境省 - 環境配慮契約法基本方針に関する提案募集について
環境省 - グリーン契約(環境配慮契約)について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.