> > 住宅用「後付け」パネル、断熱リフォームの低コスト・短工期を実現

住宅用「後付け」パネル、断熱リフォームの低コスト・短工期を実現

記事を保存
住宅用「後付け」パネル、断熱リフォームの低コスト・短工期を実現

旭ファイバーグラスは、断熱リフォーム製品「リフォエコパネル」と「リフォエコボード」を7月1日から発売する。同製品は、省エネ化をねらった新シリーズ「リフォエコ」のラインナップとなる。

同製品の大きな特長は、使用されている高性能グラスウール断熱材「Aclear(アクリア)」がホルムアルデヒドを含有しないので、内壁への施工が可能であることや、現場で自由自在にカットできる素材であるため、様々な壁面に対応できるという柔軟さだ。さらに、リフォーム中に住民が一時退居せずに工事が可能で、工費がリーズナブルに押さえられる点もあげられる。

同製品の用途や工期などの目安は下記のとおり。

リフォエコパネル リフォエコボード
対象 戸建て住宅、マンション、オフィス、
学校、介護施設等
戸建て住宅、マンション、オフィス等
冬の寒さ
対策効果
の例
壁の表面温度が木造住宅で約2.5℃、RC造住宅で約4.5℃アップ
※当社測定値(外気温-1~-2.5℃、室内温度を23℃一定にした場合)
壁の表面温度が木造住宅で約2.0℃、RC造住宅で約3.5℃アップ
※当社測定値(外気温-1~-2.5℃、室内温度を23℃一定にした場合)
施工方法 ・既存の室内壁の上から専用面ファスナーで貼るだけ
 →約1日で6畳間の壁(2面)のリフォームが可能
・室内のインテリアに合わせて4種類デザインがあり、汚れてしまった場合や室内のイメージを変えたい場合、1枚から簡単に取り換えることが可能
・既存の室内壁の上にビス止め(または接着剤)にて取り付け、パテ処理の上、内装クロスで仕上げが可能で、様々なデザインがある
・12mm厚なのでサッシ廻りの額縁など付帯工事は不要になり、コスト低減と工期短縮が図れる
商品仕様 「Aclear(アクリア)」を基板に化粧クロスで表面加工を施し、住宅モジュールに合わせた455mm角のパネル状の製品 ・「Aclear(アクリア)」に圧縮プレスを施した高密度のボード状製品
・石膏ボードと同じサイズ(厚み12mm、幅910mm、長さ1820mm)かつ1枚あたり重量約6kgで非常に軽量
費用の
目安
6畳間の壁(2面)の工事込みの設計価格は約40万円 6畳間の壁(2面)の工事込みの設計価格は約15万円(内装クロス費用含まず)

同製品の設計価格は、リフォエコパネルは19,700円/平方メートル、4,000円/枚、リフォエコボードは
7,300円/平方メートル、12,000円/枚となっている。(いずれも税抜価格)

同社は、同製品を施工することで、年間をつうじて壁面の表面温度が室温と同等に保たれ、体感上の不快感が改善されるうえ、壁面結露の抑制にも効果があるとしている。また、住宅の断熱性能と健康との関わりを示唆する研究報告もふまえ、同製品を「省エネ・快適・健康を実現する」と位置づけて販売する予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.