> > 楽天、ホテル・旅館の予約状況から電力需給予測

楽天、ホテル・旅館の予約状況から電力需給予測

記事を保存

楽天は、クリップス(新潟県新潟市)、および新電力会社のグローバルエンジニアリング(福岡県古賀市)と、宿泊予約データと電力消費データとの相関関係に基づく電力需給予測システムを構築することで合意した。

今回の取り組みでは、クリップスが保有する前日の宿泊予約データやその後のキャンセルデータに基づき、電力需給予測の精度を向上させ電力調達の効率化を図り、これまで新電力(PPS)参入の障壁の一つとされているインバランス料金の最小化を図るための統合システムの構築を目指す。これにより、旅館・ホテル向け再エネ電力供給におけるインバランスの低減を図る。

本取り組みは、現在、経済産業省総合資源エネルギー調査会基本政策分科会電力システム改革小委員会制度設計ワーキンググループで議論されている30分実同時同量から計画値同時同量への制度変更を見据えている。

今回、グローバルエンジニアリング(以下、グローバル)が新たに確保予定の九州エリアの再生可能エネルギー電源を活用し、楽天トラベル契約施設向けに電力マネジメントサービスを拡大するのにあたり、PPS会社の経営上の大きなリスクであるインバランスを低減したいとの考えから、3社合意に至った。

クリップスは、楽天トラベル契約施設に対し、複数の予約サイトでの客室在庫や予約管理の一元化を可能にする、クラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!」を提供している。グローバルは楽天エナジーと連携し、2013年12月1日より楽天トラベル契約施設向けにエネルギーデータの詳細分析に基づく電力マネジメントサービスを行っている。

今回構築するシステムは、楽天GORAや楽天ウェディングなど、旅館・ホテルと同様に予約情報を有するセグメントへの適用も視野に入れている。本システムによる実インバランス量の低減とあわせ、特に再生可能エネルギー電源を有する事業者においてニーズの強いART(Alternative Risk Transfer:代替的リスク移転)などを活用した残余リスクヘッジについても検討を進めていく。これらの取り組みにより、今後も楽天経済圏における再生可能エネルギーの活用を促進していく考えだ。

電気は、消費電力量と発電電力量との差分(インバランス)が生じる可能性がある。PPSは30分単位で発電と消費電力量の同時同量を達成すればよいとされるが、不足が生じた場合、一般電気事業者の系統運用部門が、PPSの代わりに需要家へ電力を補給することになる。このとき、PPSが一般電気事業者に支払う電力料金(ペナルティ料金)をインバランス料金という。

「電気システム改革」の一環として、一般電気事業者とPPSを対等な関係とするために、一般電気事業者に、事前に計画された発電スケジュールをもとに発電が行う計画値同時同量制度を適用する方針が示されている。なお、新電力は既に30分同時同量制度に対応したシステムを導入しているため、30分同時同量と計画値同時同量のいずれかを選択することを認めるとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.