> > 東京都・虎の門ヒルズが完成 最新の省エネ・BCP対策がズラリ

東京都・虎の門ヒルズが完成 最新の省エネ・BCP対策がズラリ

 印刷 記事を保存

森ビルは「虎ノ門ヒルズ」が竣工したことを発表した。6月4日に竣工式がとり行われ、11日からの開業となる。

同ビルは、地上52階建て、高さ247メートルの超高層複合タワー。日本初進出となるホテル「アンダーズ東京」や1フロア約1,000坪にわたるオフィスエリア、高層住宅エリア、国際水準のカンファレンス施設、商業施設などで構成される。

同ビルは、大庇に太陽光発電パネルを設置したり、地下にある大規模な蓄熱層を利用した超高効率熱源システムを空調に役立てるなど、省エネや環境配慮への取り組みを積極的におこなっている。

(※全文:0文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.