> > 全国初、川の斜面にCIS薄膜太陽電池 発電以外のメリットも

全国初、川の斜面にCIS薄膜太陽電池 発電以外のメリットも

記事を保存
全国初、川の斜面にCIS薄膜太陽電池 発電以外のメリットも

ソーラーフロンティアは、「亀田郷土地改良区」が実施する「小松堀排水路発電施設」と「松山発電施設」の2つの太陽光発電事業において、同社のCIS薄膜太陽電池が採用されたと発表した。「小松堀排水路発電施設」は全国初の農業用排水路法面への大規模設置事例となる。

「亀田郷土地改良区」は新潟市の都市部に近接し、農業地域の総合的な環境整備と有効活用が課題であった。今事業では、同施設で発電された電気は全て東北電力株式会社に売電され、亀田郷土地改良区における揚水・排水施設等の管理費負担を軽減して持続可能性の高い農村環境整備へと利用される。同区が主体となって取り組む太陽光発電事業の先行的事例でもある。

「小松堀排水路発電施設」は全国初となる農業用排水路法面(のりめん)への大規模設置事例である。設置場所は新潟市江南区早通地内ほか。面積は約3,000平方メートル。太陽光発電容量は368kW。モジュール設置枚数は2,232枚。年間予想発電量は368,000kWh。

「松山発電施設」は、設置場所が新潟市江南区松山地内。面積は約5,200平方メートル。太陽光発電容量は432kW。モジュール設置枚数は2,620枚。年間予想発電量は432,000kWh。

将来的には、モジュール設置による雑草抑制と法面維持の両立、新たな農業エリアの景観の創出といった、発電以外のメリットも期待される。

同地区では2011年から農業用水路法面を有効活用した太陽光発電の実証実験が実施されており、ソーラーフロンティア製CIS薄膜太陽電池の実発電量の高さや、積雪時の雪の滑り落ちの良さ、部分的な影の影響の少なさ、メンテナンスコストの低さ等の特長が確認されてきた。そのため、本事業にはCIS薄膜太陽電池が採用された。

CISとは、銅(Copper)、インジウム(Indium)、セレン(Selenium)の3元素のこと。CIS薄膜太陽電池とは、その3元素を用いた太陽電池を指す。CISは従来の結晶シリコン系太陽電池の約100分の1にあたる約2~3μm(マイクロメータ)の厚さで製造することができるため、原料となる様々な資源の大幅な節約が可能になる。

ソーラーフロンティアは、30年以上にわたって太陽電池の技術開発に取り組んできた。これからも、地球環境に優しいエネルギーの提供により、持続可能な社会作りに貢献していく方針だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.