> > 環境省、廃棄物処理業者の熱利用設備など温暖化対策に補助金

環境省、廃棄物処理業者の熱利用設備など温暖化対策に補助金

記事を保存

環境省は、今年度も、廃棄物分野における温暖化対策を推進するため、民間事業者の温暖化対策に資する高効率の廃棄物エネルギー利用施設やバイオマス利用施設の整備事業等に対して、補助金を交付する。平成26年度「廃棄物エネルギー導入・低炭素化促進事業」として公募を開始した。

本事業では、廃棄物エネルギー利用施設やバイオマス利用施設の整備事業等、高効率化を図ることにより追加的に生じる施設整備費用に対して1/3を限度に支援を実施する。また、熱輸送システム施設の整備事業に対して1/2を限度に支援する。

今回の公募予算額は144百万円。公募締め切りは7月11日(金)(18:00必着)。事業内容は以下の通り。

(1)補助対象事業者

民間事業者等((2)のア~エは廃棄物処理業を主たる業とする事業者)

(2)補助対象となる事業(一定以上の効率のもの)

  1. 廃棄物高効率熱回収施設の整備事業
  2. バイオマス熱供給施設の整備事業
  3. バイオマスコージェネレーション施設の整備事業
  4. 廃棄物燃料製造施設、バイオマス燃料製造施設の整備事業
  5. 熱輸送システム施設の整備事業

(3)補助対象費

  • 01~04
    高効率化を図ることにより追加的に生じる施設整備費用(補助対象となる施設整備費の1/3を限度。)
  • 05
    補助対象となる施設整備費の1/2を限度。

【参考】
環境省 - 平成26年度「廃棄物エネルギー導入・低炭素化促進事業」の公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.