> > 「エコスクール」モデルが認定 再エネ・省エネ設備導入補助などで優遇

「エコスクール」モデルが認定 再エネ・省エネ設備導入補助などで優遇

記事を保存

文部科学省は、平成26年度の「環境を考慮した学校施設(エコスクール)の整備推進に関するパイロット・モデル事業」の認定校63校を決定した。

同事業は、地域の環境・エネルギー教育の発信拠点となる学校施設の整備推進を目的として、平成9年度から実施されている。認定校では、エコスクールを環境教育の教材として活用するなど環境に配慮した取り組みが行われ、同省から施設整備費の補助単価の加算措置(2.5%)及び関係各省から補助事業の優先採択などの支援を受けることができる。

今回認定されたのは25都道府県の63校。これにより認定校の総数は1,547校となった。これらの認定校では、太陽光発電・太陽集熱器の設置、風力発電・地中熱・バイオマス熱・燃料電池・小水力発電等の新エネルギー活用、断熱化・日よけ・省エネ型設備・エネルギーCO2管理システム・雨水利用・排水再利用等の省エネルギー・省資源化、建物緑化・屋外緑化等の自然共生、木材利用、資源リサイクルなどが行われている。

文科省は、地球温暖化対策の取り組みを推進するため、農林水産省、経済産業省及び国土交通省と連携協力して、学校設置者である市町村等がエコスクールとして整備する公立学校をモデル校として認定、支援している。

【参考】
文部科学省 - エコスクールパイロット・モデルの認定(平成26年度)について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.