> > 「エコスクール」モデルが認定 再エネ・省エネ設備導入補助などで優遇

「エコスクール」モデルが認定 再エネ・省エネ設備導入補助などで優遇

 印刷 記事を保存

文部科学省は、平成26年度の「環境を考慮した学校施設(エコスクール)の整備推進に関するパイロット・モデル事業」の認定校63校を決定した。

同事業は、地域の環境・エネルギー教育の発信拠点となる学校施設の整備推進を目的として、平成9年度から実施されている。認定校では、エコスクールを環境教育の教材として活用するなど環境に配慮した取り組みが行われ、同省から施設整備費の補助単価の加算措置(2.5%)及び関係各省から補助事業の優先採択などの支援を受けることができる。

(※全文:532文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.