> > 東京電力、サウジアラビアで最大電力需給抑制のコンサルティングを実施

東京電力、サウジアラビアで最大電力需給抑制のコンサルティングを実施

 印刷 記事を保存

東京電力は、サウジアラビア電力会社(SEC)と、サウジアラビア王国における電力の効率的利用のためのコンサルティング契約を締結した。契約期間は2014年8月から2015年11月まで。

同社は、これまで、国際協力機構(JICA)の業務受託により、2007年2月から2009年3月までの期間、同国の電力需要改善対策を取りまとめた「電力省エネルギーマスタープラン」を策定した。

その後、2009年10月より同国の水・電力省向けに同マスタープランの実施支援のためのコンサルティングを行ってきた。これらの実績により、今回SECから依頼があり、契約に至った。同事業で予定される具体的な提案内容は下記のとおり。

(※全文:659文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.