> > 伊藤忠、電中研など 風力発電の出力変動対応技術の開発に着手

伊藤忠、電中研など 風力発電の出力変動対応技術の開発に着手

記事を保存

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)など14法人は、NEDOの委託事業として、再生可能エネルギーの予測技術や出力制御技術を高度化し、需給運用の手法の開発に取り組む。

本事業は、CTCがNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が公募する「電力系統出力変動対応技術研究開発事業」の委託事業者として、採択を受けて実施するもの。

2030年頃の再生可能エネルギーの電力系統への大量導入を見据え、電力品質や系統運用上の技術的な課題とその解決策を明らかにすることを目的としており、再委託先を含めた14法人とともに2014年6月から2019年3月までの5年間(予定)で実施する。

具体的には、電力の需給運用に影響を与える風力発電の急激な出力変動の予測技術や抑制技術を開発するとともに、それらを取り入れた需給運用の基本的な手法を確立し、風力発電を予測・制御・運用することが可能な電源と位置付けることで、再生可能エネルギーの連系拡大を目指す。

本事業には、伊藤忠テクノソリューションズのほか、東京電力、東京大学、早稲田大学、一般財団法人電力中央研究所、一般財団法人エネルギー総合工学研究所、東光高岳、北海道電力、一般財団法人日本気象協会、NRIセキュアテクノロジーズ、大阪府立大学、筑波大学、日本大学、北海道大学が参画する。

CTCは、風力発電事業では既に20年以上の支援サービスを提供しており、事業性評価や風力発電機の稼働率の向上支援を含め、設計から運用支援まで総合的なサービスを提供している。風力・太陽光発電量事業での調査コンサルティングも手がけ、2011年からは、風力・太陽光発電所の適地選定を含めた計画から、センサーネットワークを活用した運用まで、地域でのエネルギー管理を支援するクラウドサービス「E-PLSM(エプリズム)」も提供している。CTCは、長年のサービス提供で培ったノウハウを本事業で活用する。

天候によって出力が変動する風力発電や太陽光発電は、大量に電力系統に連系された場合、大きな出力変動によって電力の安定供給に悪影響を及ぼす可能性がある。そのため、風力発電の出力変動を予測するなど電力系統の安定運用に資する技術開発を行うとともに、需給運用面の課題を実際の電力系統にて実証することが必要とされている。

【参考】
NEDO - 「電力系統出力変動対応技術研究開発事業」に係る実施体制の決定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.