> > 植物内のセシウムを見える化! 除染用植物の性能アップに役立つ新技術

植物内のセシウムを見える化! 除染用植物の性能アップに役立つ新技術

 印刷 記事を保存

物質・材料研究機構と理化学研究所は、植物の細胞内におけるセシウム分布を可視化する方法を世界で初めて開発したと発表した。今回開発された方法では、セシウムが存在する場所で蛍光を発する物質「セシウムグリーン」を用い、炭酸セシウム粒子をマイクロメートルレベルの高い分解能で検出し、細胞内部でのセシウム分布の可視化が可能。

これにより、セシウムの植物への輸送・蓄積メカニズムの解明や、ファイトレメディエーションに適する植物の選別・品種改良を大きく促進することが期待される。また、作物、特に可食部へのセシウムの蓄積の有無を確認することも可能で、汚染地域での農業が再開される際の消費者の安全指針として、ひいては農業復興の一助となることも期待される。

(※全文:784文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.