> > 米国、省エネの新規制案発表 州ごとに火力発電所のCO2排出を3割減目指す

米国、省エネの新規制案発表 州ごとに火力発電所のCO2排出を3割減目指す

 印刷 記事を保存

米環境保護局(EPA)は、2日、既存の火力発電所から排出されるCO2排出量を、2030年までに2005年比で30%削減することを目標とする新しい規制案「クリーン・パワー・プラン」を発表した。

本規制案では、CO2削減の目標の実現に向けては、各州で具体的な計画を決めるなど、州ごとの権限を認めている。EPAは2015年6月までに最終規則をまとめる予定。この最終規則をもとに、各州は2016年夏までに計画を提出することになる。但し、州が計画策定に時間を要する場合などは、2段階のプロセスで計画を提出することもできる。

(※全文:1,493文字 動画:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.