> > 中国・正信ソーラー、両面受光型の太陽光発電モジュール発表 垂直設置で積雪地域に効果的

中国・正信ソーラー、両面受光型の太陽光発電モジュール発表 垂直設置で積雪地域に効果的

 印刷 記事を保存

中国の太陽光メーカーの正信ソーラーは、5月20日から22日までの第8回SNEC国際太陽光発電産業展及び工事展に出展し、変換効率の高い両面モジュールを展示した。このモジュールは、通常の傾斜置きの場合の換算変換効率は23.4%に達する。また、垂直設置可能も可能で、砂漠と積雪地域において、モジュールを垂直に置いた場合の換算変換効率はより高くなるという。

本両面モジュールは、ガリウムを添加する独自技術を用いた単結晶モジュールを使用。耐候性が高く、高電圧ストレスに強いことを特徴とする。

(※全文:862文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.