> > 「表層型」メタンハイドレートの本格調査を開始 上越沖、秋田・山形沖で

「表層型」メタンハイドレートの本格調査を開始 上越沖、秋田・山形沖で

 印刷 記事を保存

経済産業省は、表層型メタンハイドレートの資源量を把握するため、メタンハイドレートを含む地質サンプル取得を実施する。平成25年度の広域調査により有望地点と考えられる上越沖、秋田・山形沖に向けて、6月21日に調査船が下関港を出港した。調査時期は7月10日までの予定。国による表層型メタンハイドレートの本格的な地質サンプル取得作業は、今回が初めて。

今回の事業主体は産業技術総合研究所、調査実施者は明治大学・研究知財戦略機構。使用する船舶は、石油天然ガス・金属鉱物資源機構所有の海洋資源調査船「白嶺」。今後は、地質サンプルの取得等の結果を踏まえ、資源回収技術についての調査も行う予定。

(※全文:475文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.