> > 工場で13%省エネを実現 パナソニックの見える化システムに新機能

工場で13%省エネを実現 パナソニックの見える化システムに新機能

記事を保存

パナソニックは、工場向けエネルギー見える化システム「SE-Navi」に搭載し、工場の省エネを強力にサポートする省エネナビ機能を開発し、新機能搭載版「SE-Navi」の受注を開始した。

参考資料

省エネナビ機能の主な特長は、エネルギー消費の異常箇所を自動で抽出できる点、エネルギーロス情報の定量化が可能な点。同社による実証試験では、省エネ対策検討から対策立案までに要する時間は7日間から2日間へ大幅に短縮。また、立案した省エネ対策を実施した結果、約13%のエネルギー消費量を削減できた。

なお、同製品は、東京ビッグサイトで6月27日まで開催される「第25回 設計・製造ソリューション展」にて展示されている。

省エネナビ機能の特長は以下の通り。

  1. エネルギー消費の異常箇所を自動で抽出
    生産数量と消費エネルギーから算出される原単位を、独自の省エネ判定手法に基づいて分析判断し、エネルギー消費の異常箇所を自動抽出することが可能。
  2. エネルギーロス情報の定量化が可能
    独自のロス定量化手法により、工程、設備ごとのロス分析や要因別ロス分析を自動で行い、工場におけるエネルギーロス情報を定量化することが可能。1、2の機能により工場で省エネ活動を行う上での効果予測や投資判断に活用できる。
  3. 省エネヒント集による改善支援

対策事例ノウハウに基づくカテゴリーごとの省エネヒント集を備え、改善アイデア抽出を支援する。これにより専門家に頼らずに省エネ対策を実施することが可能。

SE-Naviは、同社がグループ内の生産拠点で取り組んだり社外向けに提供していた省エネのノウハウやサービス・機能を融合させたシステム。工場のエネルギー管理をサポートするトータルソリューションとして、国内15拠点、海外6拠点で導入されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.