> > 阪神⇔九州間のフェリーに電気自動車の充電器 輸送中でも充電可能に

阪神⇔九州間のフェリーに電気自動車の充電器 輸送中でも充電可能に

記事を保存

名門大洋フェリー(大阪府)は、同社の船舶「フェリーきょうと2」「フェリーふくおか2」に、阪神~九州航路間の長距離フェリーとしては初めて電気自動車(EV)向けの普通充電設備を設置した。これによりフェリー乗船中のEV充電が可能となる。

同社は大阪南港~新門司港の直行便を運航しており、「フェリーきょうと2」「フェリーふくおか2」は、新門司港19:50発の便、大阪南港19:50発の便で使用されている。充電設備利用料は1,080円(税込)。ただし、2015年3月31日までは、EV乗船促進キャンペーンとして無料になる。

なお、EV向け充電設備を利用する際は、通常の乗船予約とは別に充電設備の利用予約が必要。また、スペース等の関係により出航時間の1時間半前に乗船手続きを完了しなければならない。

今回の充電設備の設置は、次世代自動車振興センター(NeV)が実施する「電気自動車(EV)充電設備導入補助事業」のうち、大阪府が定める「ビジョン」に基づく取り組みにより行われた。航続距離が短いといわれるEVの行動範囲を大きく広げるとともに、EVとフェリーの組み合わせは環境負荷低減の効果も期待される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.