> > 電気自動車・太陽光発電・商用の電力を混ぜて家庭に給電できるパワコン登場

電気自動車・太陽光発電・商用の電力を混ぜて家庭に給電できるパワコン登場

記事を保存
電気自動車・太陽光発電・商用の電力を混ぜて家庭に給電できるパワコン登場

三菱電機は、世界で初めて、電気自動車(EV)と太陽光発電システム(PV)、商用電力の3種類の電力を混ぜて使用できるEV用パワーコンディショナ「SMART V2H」4機種を製品化し、モニター販売を7月31日に開始すると発表した。

新商品は、EV・PV・商用の3種類の電力をモニターし、自動で最適制御する「電力需給制御システム」の採用により、「Vehicle to Home(V2H)」システムでは、世界で初めて3種類の電力を混ぜて使用可能とした。3種類の電力を最適制御して家庭内に給電することで、商用電力消費のピークシフトに貢献する。

「SMART V2H」はそれぞれの電力を自動で最適制御する機能を備えている

それぞれの電力を自動で最適制御する機能を備えている

また、新商品は、停電時でもPVから家庭内への給電とEVへの充電、同時にEVから家庭内への給電が可能で、停電時でも最大約6kWの電力が家庭で使用できる。電力供給停止時間(瞬時停電)なくEVの充放電が切り替えできる「シームレス充放電技術」と、停電の際にPVの通常運転ができる「自立運転時PV連携技術」を世界で初めて開発し、停電時も安定した電力使用を実現する。

電力の使用目的や生活スタイルに合わせて選べる三つの運転モードとして、電力をできるだけ自給自足する「グリーンモード」/電力使用料金を抑えて、商用電力消費のピークシフトにも貢献する「エコノミーモード」/停電時に、PVとEVの電力でほぼ平常時並みの電力使用ができる「自立運転モード」を搭載する。

本商品の希望小売価格(税抜き)は95万円。余剰買取単価対応(EVP-SS60A-Y5)、ダブル発電単価対応(EVP-SS60A-M5)をラインナップする。いずれも出力は6kW、設置場所は屋外。

新商品は系統連系の認証制度がなく、電力会社との個別の系統連系協議が必要なため、同販売会社への個別申し込みによるモニター販売となる。また、仕様上、積雪・寒冷・塩害地域での設置は不可。

EVは、日産自動車「リーフ」と接続が可能で、一部車種ではソフトウェア改修が必要となる。三菱自動車の「MiEVシリーズ」にも順次対応予定。

東日本大震災以降、EVの蓄電池に蓄えた電気を家庭内に供給するV2Hシステムは、災害時の非常用電源として、また、夏場・冬場など電力消費のピーク時の電力供給不足をEVの大容量蓄電池で補うシステムとして開発が進められてきた。同社は、2012年5月から「大船スマートハウス」(神奈川県鎌倉市、同社情報技術総合研究所内)で実証実験を進め、この成果をもとに今回、本商品を開始する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.