> > アジアの再エネ発電施設への投資は3.6兆円 BNEFが今後の見通しを発表

アジアの再エネ発電施設への投資は3.6兆円 BNEFが今後の見通しを発表

 印刷 記事を保存

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)は、2030年までの電力市場の国別、電源別の見通しをまとめたレポートを発表した。

今回発表されたレポート「BNEF2030年市場見通し(BNEF 2030 Market Outlook)」では、国・地域別の電力需給、各電源のコスト予想、政策の進捗を織り込んだモデル分析をもとに、見通しをまとめている。

それによると、今後2030年までに世界で導入される5TWの発電容量の増加分のうち、およそ半分がアジア太平洋地域に設置される見通し。全世界での投資額は2030年までに7.7兆ドルに上るとみており、うち66%に相当する5.1兆ドルが水力を含む再生可能エネルギーに投じられると予測する。再生可能エネルギー投資の地域別内訳は、アジア太平洋2.5兆ドル、米州8,160億ドル、欧州9,670億ドル、その他の地域(中東・アフリカ)が8,180億ドル。

国別の概要は以下の通り。

(※全文:1,296文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.