> > ソフトバンク、法人向けに電力販売・買取事業を7月よりスタート

ソフトバンク、法人向けに電力販売・買取事業を7月よりスタート

記事を保存
ソフトバンク、法人向けに電力販売・買取事業を7月よりスタート

参考画像

ソフトバンクグループのソフトバンクテレコムとSBパワーは、7月1日より法人に対して電力の販売・買取を行う電力小売り事業を開始する。

サービスの対象は、特定規模電気事業者(PPS)による電力小売りが認められている50kW以上の高圧電力で電力供給を受ける法人。ソフトバンクテレコムがPPSであるSBパワーと電力の販売/買い取り業務委託契約を結び、電力需要のある企業への販売や、法人が発電した電力の買い取りを行う。SBパワーは北海道と沖縄県を除く全国の発電事業者から電力の仕入れを行い、電力受給の管理業務を行う。電力の販売は関東エリアから開始し、以後東北エリアをはじめ順次拡大する予定。

今回両社が提供するのは自然エネルギーの比率が高い電力で、CO2の排出を抑えたクリーンな電力。企業の導入に際しては、月々の電気料金内訳をもとに最適な電力使用のシミュレーションを実施し、適切な使用方法の提案を行うことにより企業の電力コストの低減を促進する。

この事業を通じて、両社はソフトバンクグループのグループシナジーを活用し、今後電力サービスを従来ソフトバンクテレコムが提供しているネットワークサービスやクラウドコンピューティングサービスなどの法人向けソリューションと組み合わせて提供することで、さらに充実したソリューション提案を行っていきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.