> > 岩手県の木質バイオマス発電事業、シンジケートローンで22億円調達

岩手県の木質バイオマス発電事業、シンジケートローンで22億円調達

記事を保存

食品系・建設系リサイクル事業などを手がけるフジコー(東京都)は、同社連結子会社の一戸フォレストパワーが岩手県二戸郡一戸町で運営管理を行う木質バイオマス発電施設「一戸バイオマス発電施設」(出力6,250kW)に対して、経済産業省より再生可能エネルギー発電設備(バイオマス)の認定通知書を7月2日に受領したと発表した。これにより同施設で発電する電力が、営業開始を予定している平成28年度から20年間、固定価格により電力販売することが可能となった。

これに先立ち6月30日、一戸フォレストパワーは、同事業に対して三井住友銀行をアレンジャー兼エージェントとする「コミット型シンジケートローン」の契約を締結した。複数の金融機関が協調融資団を組成するシンジケートローンを利用し、同発電施設の発電設備、森林資源の燃料化設備等の契約金や引渡金等に充当する。融資枠設定金額は21億9,900万円。コミット期間は平成26年7月15日から平成28年3月末日。

一戸フォレストパワーは、新電力業務の支援を手がけるエナリス(東京都)とともに、岩手県、秋田県北部、青森県南部の森林木材を燃料に自然エネルギー電力の発電を行い、PPS(特定規模電気事業者)を通じて、地元の小中学校、役場等の公共施設、事業会社へ電力供給を行う発電事業の計画を進めている。同発電事業は地域で発生する木材を燃料として地元で発電を行い、地域に電力の供給を行う地産地消型の先駆的な事業モデルとして注目されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.