> > 東京都・日本橋の複合ビル、環境性能の「グリーンビルディング認証」を取得

東京都・日本橋の複合ビル、環境性能の「グリーンビルディング認証」を取得

記事を保存
東京都・日本橋の複合ビル、環境性能の「グリーンビルディング認証」を取得

日本政策投資銀行(DBJ)は、住友不動産が開発する「(仮称)日本橋二丁目地区北地区計画」に対し、日本不動産研究所(JREI)と共同運営する「DBJ Green Building認証」のプラン認証を実施した。

今回、認証を受けた物件は、住友不動産が東京都中央区日本橋二丁目に所有する「(仮称)日本橋二丁目地区北地区計画」。多様な機能を備えた最新式の複合ビルで、以下の点が評価された。

  1. 専有部全体におけるLED照明の採用等、最新の環境性能を備えている点
  2. ガスコージェネレーション設備を導入するほか、専有部への電気供給が72時間可能な予備電源を設置する等、最新のBCP対応を実施している点
  3. エリア最大規模の多目的ホールや観光案内所を設置する等、日本橋エリアの活性化に向けた地域交流支援を計画している点

これらの点を総評した結果、同ビルは「国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」がなされたビル」として評価され、「DBJ Green Building認証制度」の5段階評価の最高位の認証である「Platinum (plan) 2013」を付与された。

DBJとJREIの共同運営で行われている「DBJ Green Building認証制度」は環境や社会に配慮した不動産(グリーンビルディング)を評価するシステムである。対象物件の環境性能に加えて、防災やコミュニティへの配慮等を含む様々なステークホルダーへの対応を含めた総合的な評価に基づき、社会・経済に求められる不動産を評価・認証する。

不動産は現在、多様なニーズを求められており、「経済性」や「収益性」のみではなく、「環境・社会への配慮」を持つ気運が高まっている。この認証によって「環境配慮」という付加価値がつき、不動産価値が向上することが期待される。

プラン認証とは、竣工前の物件について、その開発計画を元に、環境性能やテナント利便性、その他オーナーや物件関係者との間で予定されている種々の取り組みを、「DBJ GreenBuilding認証」のモデルを使って評価し、その開発計画である「プラン」について認証する仕組みのこと。既に竣工されている不動産に対しては、単に「DBJ Green Building認証」と記載する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.