> > 宗教法人生長の家 信徒らの募金で京都府にメガソーラーを建設

宗教法人生長の家 信徒らの募金で京都府にメガソーラーを建設

 印刷 記事を保存

宗教法人の生長の家(山梨県北杜市)は、来年3月の完成予定で、京都府城陽市に出力1704.5kWのメガソーラーを建設すると発表した。同教団によると、宗教法人として初のメガソーラーの建設となる。

今回のメガソーラーは、建設費用の全額を同教団信徒のほか、趣旨に賛同する人から広く寄付を募って建設するもので、システム稼働後の売電収入は、発電設備運用に伴う諸費用を除いた上で、次の自然エネルギーの利用拡大のための原資とする。

同教団は、日本では、最近、メガソーラーの建設が増えてきているが、経済優先の政策のもと原子力発電と化石エネルギーへの依存を継続させようという強い動きがあり、2012年の日本全体の電源構成においても地熱および新エネルギーはわずか1.6%となっており、持続可能な社会のあり方にはほど遠い状況となっていると指摘。

(※全文:680文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.