> > 太陽電池のリサイクル技術、NEDO支援の8件が決定 回収や分解方法など

太陽電池のリサイクル技術、NEDO支援の8件が決定 回収や分解方法など

記事を保存
太陽電池のリサイクル技術、NEDO支援の8件が決定 回収や分解方法など

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、リサイクル処理が困難な太陽電池モジュールについて、低コストリサイクル処理技術を開発・実証するとともに、撤去・回収関連技術などについて課題と対策を検討する「太陽光発電リサイクル技術開発プロジェクト」の採択先8件を決定した。

同プロジェクトでは、太陽光発電の大量導入に伴う使用済み太陽光発電システムの大量発生に備え、低コストリサイクル処理技術の開発・実証とともに、廃棄処分をせず売買できる有価物について回収率向上や価値が高い状態で回収できるようにする高純度化技術を開発する。これにより太陽光発電システムの適正処分を実現するリサイクルシステムの構築を目指す。

採択先8件のうち、エヌ・ピー・シー等が行う「可溶化法を用いた使用済み太陽電池からの資源回収技術の開発」では、「EVA(封止剤)とガラスを加熱カッターにより分離する技術」、「EVAを溶解する技術」および「回収金属の高純度化技術」を組み合わせた分解処理技術の開発を行う。

「太陽光発電リサイクル技術開発プロジェクト」の採択先は以下の通り。

研究開発テーマ採択先
使用済み太陽光発電システムのリサイクル処理を安定的に実施するための課題調査 イー・アンド・イー ソリューションズ、DOWA エコシステム、秋田県資源技術開発機構
廃棄物として排出される太陽電池モジュールの効率的な回収システム及び、分別に関する調査/検討 萬世リサイクルシステムズ
結晶シリコン太陽電池モジュールのリサイクル技術開発 三菱マテリアル
ウェット法による結晶系太陽電池モジュールの高度リサイクル実用化技術開発 東邦化成
結晶シリコン太陽電池の低コスト分解処理技術の調査/開発 市川環境エンジニアリング、鹿島建設、ホンジョー
可溶化法を用いた使用済み太陽電池からの資源回収技術の開発 エヌ・ピー・シー、産業技術総合研究所、日本スペリア社
太陽光発電リサイクルにおける国内外動向および評価手法に関する調査 みずほ情報総研
太陽光発電リサイクル動向に関する調査/検討 三菱総合研究所

【参考】
NEDO - 平成26年度「太陽光発電リサイクル技術開発プロジェクト」に係る実施体制の決定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.