> > 「世界自然遺産の離島にこそ電気自動車を」 鹿児島県、屋久島でのEV導入に補助金

「世界自然遺産の離島にこそ電気自動車を」 鹿児島県、屋久島でのEV導入に補助金

 印刷 記事を保存

鹿児島県は、屋久島で温室効果ガスの発生が抑制された先進的な地域づくりを促進するため、電気自動車(EV)の導入に対する助成を開始した。

補助対象者は、屋久島町に居住している個人、屋久島町に事業所を有している法人及び個人事業者、これらの方々にEVを貸与するリース事業者。補助対象車両は、日産リーフ、三 菱ミニキャブ・ミーブ、三菱アイ・ミーブ、トヨタ車体コムス等。補助金額等は、電気自動車車両本体価格-基準額-国の補助金額。ただし、上限100万円。募集台数は40台程度。募集期間は平成27年2月6日まで。

国・県の補助金を利用した場合の導入経費は以下の通り。(参考例)

(※全文:777文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.