> > 日立、国際規格最高レベルの効率96%を実現するモーターを開発

日立、国際規格最高レベルの効率96%を実現するモーターを開発

 印刷 記事を保存

日立製作所と日立産機システムは、産業用モーターの国際高効率規格の最高レベルであるIE5を達成するアモルファスモーターを共同開発した。

IE5とは、国際電気標準会議(IEC)のIEC60034-30-2で現在策定議論中のモーターのエネルギー効率ガイドラインで最も高いレベルのもののこと。

今回開発されたアモルファスモーターは、アモルファス金属を用いているモーターである。アモルファス金属は一般にモーターに使用されている電磁鋼板よりも鉄損が約1/10と大幅に損失が低い材料だが、加工が困難であり、モーターの鉄心に加工した時に素材の磁気特性が大きく変化する特徴を持っているため、実用化は困難だとされてきた。

(※全文:1,074文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.